Beautiful Gardening

キュウリの気になる育て方【コツとポイントを掴む】

便利な夏野菜

水をたっぷり与えよう

植物

キュウリはサラダや浅漬けなどに便利な夏野菜として人気があります。老若男女問わず人気の野菜であり、家庭菜園の対象としても人気があります。キュウリの育て方にはいくつかのポイントがあり、そのポイントをおさえて育てることで長く楽しむことができます。キュウリは早く大きくなるという特徴があります。オクラなどと同様、植え付けから70日ほどで収穫に至るので、水分と肥料を欠かさないようにするのが育て方のポイントです。水分と肥料のやり方にもコツがあります。キュウリは地面近くに広く浅く根を張るので、乾燥に弱いという欠点があります。乾燥を防ぐために稲藁などをしき、水はたっぷりあげます。夜間に成長するので、夕方にかけてたっぷり水をあげるのがポイントです。毎日少しずつあげるよりも、少し間隔をあけてたっぷりあげる方が効果的です。ただし乾燥にまで至らないように注意してください。肥料は、窒素が多いものだと葉に栄養がいき実に栄養がいかないので、窒素分の少ないぼかし肥料が向いています。まとめて与えるよりも少しずつこまめに与える方が効果があります。ほかにも育て方の注意点はありますが、育て方で大きなポイントとなるのはこの二点です。また、何年も家庭菜園を続ける場合は、連作を避けることも意識する必要があります。キュウリは連作に弱いので、続けて植え付けるのは避けましょう。ネギと一緒に植えると、お互いによい影響を与えあうのでおすすめです。

実がなりやすい野菜

ガーデン

大雨など天候が大きく悪化するケースが増えてきた近年、それに伴い野菜も高騰するケースが増えてきました。特に雨が降りやすい時期に育成・収穫が重なるキュウリなどの野菜は、天候によって価格が大きく変わるのが特徴です。そこで今、注目を集めているのが自分で野菜を育てる家庭菜園で、中でもキュウリは育て方が簡単として野菜作り初心者の方にも選ばれています。水やりや追肥のペースがほぼ決められており、病気にも強い品種が多く出回っているキュウリは、特別な育て方をしなくても実が多くなる野菜です。育て方によっても実のなり方は変わりますが、初心者の方が栽培したとしても1株につき、約20本から30本程度のキュウリが収穫できると言われています。たった1株だけで、これだけの量を収穫できるキュウリは、食費節約に役立ってくれる野菜と言えるでしょう。キュウリはそのまま生でサラダにしても美味しく食べられますが、お漬物やピクルスなどの保存食にする事も可能です。そして、あまり知られていませんがキュウリは、下ごしらえさえしておけば冷凍保存も出来ます。キュウリを輪切りにした後、1本につき、ひとつまみかふたつまみの塩をまぶし馴染ませた後に冷凍保存するだけです。あとは自然解凍すれば和え物や酢の物、ポテトサラダなどの料理にサッと使えます。育て方が簡単で収穫量の多いキュウリだからこそ、保存食や冷凍保存するといった活用法で上手く使い切りましょう。

土壌と収穫における工夫

野菜

ガーデニングでは、美しい花を咲かせる植物がよく選ばれていますが、野菜を選ぶという人も多くいます。育っていく過程を楽しむことができる上に、収穫した野菜を自ら味わうこともできるからです。特によく選ばれている野菜が、キュウリです。キュウリはつる植物なので、フェンスやラティスなどに絡まりながら、上方向へと成長していきます。しかも初夏になると、黄色の可愛らしい花を多数咲かせるのです。そのため植える場所をうまく選べば、黄色の花々で立体的に飾られた美しいガーデンを作ることができます。そしてその後、夏から秋にかけて、たわわに実ったキュウリを収穫できるのです。しかも病気になりにくく、害虫もつきにくい植物なので、育て方も比較的簡単です。生命力が高いため、冷夏などで気温が上昇しにくい夏でも、通常の育て方で問題なく収穫できるようになることが多いのです。さらに、育て方に多少の工夫を凝らすことで、収穫量をより増やすことも可能です。たとえば種を植え、つるが伸びてきたら、その周辺の地面を専用のシートで覆うのです。これにより土壌の温もりや水分が保たれやすくなり、その分すくすくと成長し、実を多くつけるようになります。またキュウリの実は、1日に数センチというペースで大きくなります。実の90%以上が水分なので、育てば育つほど、他の部分の水分が不足しやすくなります。そのため、20センチほどになったものから次々に収穫していくという育て方をすれば、新しい花や実がつきやすくなると言えます。その分ガーデニングも調理も、一層楽しめるようになるのです。

お勧め夏野菜の栽培

ガーデニング

夏野菜の定番キュウリ、その育て方はそれほど難しくはありません。土と肥料と水をしっかり管理し、キュウリの葉を目当てに飛来するウリハムシをきっちり捕殺すれば、かなりの収量が期待できます。そして、栽培時期に台風シーズンが被るので、台風対策をしっかりしましょう。

もっと読む

このポイントを押さえよう

ウーマン

初心者の方がキュウリを栽培するという場合、接ぎ木の苗を選ぶと手軽に育てる事が出来ます。気温が上がるゴールデンウィーク頃に植え付けをする、ネットや支柱を立てるといった基本的なキュウリの育て方も覚えておきましょう。

もっと読む

便利な夏野菜

植物

キュウリは家庭菜園でも人気の夏野菜ですが、育て方にはポイントがあります。成長が早いので、水分と肥料は欠かさないようにするのがポイントです。水分はまとめてたっぷり、肥料はこまめに少しずつがよいでしょう。連作を避けるのも重要です。

もっと読む