Beautiful Gardening

キュウリの気になる育て方【コツとポイントを掴む】

このポイントを押さえよう

初心者でも育てられる野菜

ウーマン

野菜の中には特別な技術や知識、また道具などがなければ育てるのが難しいという種類もあります。今まで野菜を育てた事が無いという方がいきなり、栽培するのが難しい野菜作りにチャレンジしてしまうと、高い確率で失敗してしまうでしょう。家庭菜園初心者という場合は、育て方が比較的簡単と言われている、キュウリ栽培へのチャレンジがおすすめです。キュウリは基本的な育て方さえ押さえておけば、失敗するリスクがかなり少ない野菜と言われています。キュウリを種から育てるという場合、病気に強い品種を選ぶのが初心者でも、栽培しやすい育て方のコツになります。ただ、種から育てるとなると苗の植え付けまでに時間がかかる、苗になるまでしっかり育てないといけません。このような手間暇を考えた場合、初心者であれば苗を購入して植えて栽培するのがおすすめです。ただの苗ではなく接ぎ木をしているものであれば、より病気になりにくく丈夫なので、初心者でも栽培しやすいでしょう。キュウリは温かい時期に収穫できる野菜なので、苗の植え付けも4月下旬から5月上旬頃に行います。気温が上昇するゴールデンウィーク頃は、キュウリの植え付けに最適な時期です。ツルが上へと伸びて行く野菜なので畑で栽培する場合だけでなく、プランターで栽培する場合も、支柱やネットを設置してツルを這わせるのが育て方の基本です。支柱やネットを設置する時期は、5月下旬から6月上旬程度がベストと言われています。ちょっとしたコツですが、このような育て方のポイントを押さえておけば初心者でも夏場には大量のキュウリを収穫できるでしょう。

水やりと支柱が大切

畑

ガーデニングで育てる野菜の中でもキュウリは世話も簡単で成長も早いので人気です。苗を植えると早ければ1ヶ月程度で収穫することができます。キュウリの育て方は初心者なら種よりも苗から始めることをおすすめします。苗を購入するときには、茎が太くて葉が青く節と節の間が詰まっているものを選びます。植え付けは5月から6月までが最適な時期となります。プランターでの育て方は、深型のものか鉢なら10号か12号程度の大きめのものを用意します。一つの苗につき20〜30リットル程度の土が必要となります。用意ができたら水はけをよくするためにまず鉢底石入れます。その上に野菜専用培養土を入れ真ん中に穴を掘りキュウリの苗を入れます。ビニールポットから出した苗は固まっているので、少しほぐして穴に埋め込むと根付きも良くなります。苗を植え込んだら苗が倒れないように仮支柱を立てます。キュウリの苗が大きくなったら本支柱を立て、外れないようにビニールヒモなどで軽く固定しておきます。またキュウリの育て方では支柱の代わりにネットなどをかけることもあります。水やりは土が乾いたらあげるようにします。気温が高い場合は朝と夕方に水やりをしたほうがいいでしょう。土が乾いた状態が続くと苗がかれてしまうこともあるので要注意です。肥料も定期的に与えることが大切です。また育て方で大切なのは日頃から苗を注意深く観察することです。土の状態だけでなくアブラムシなどの害虫がつかないか用心することも必要です。

培養土と化成肥料を用意

畑

家庭菜園に欠かせない野菜の代表がキュウリです。種の育て方を調整すれば初夏から秋まで収穫できることや、病気に強く育て方が難しくないことから、初心者に最適な野菜として人気があります。キュウリの育て方は、肥料の与え方がポイントです。また、成長に合わせて適量な肥料を与えることで、立派な実を収穫することができます。しかし、与えすぎては逆に苗が弱り成長を妨げてしまいます。そのため、まずは、苗を植える前に土に元肥をしておくことが必要です。キュウリの成長には窒素、リン酸、カリが必要ですが、市販されている野菜用の化成肥料にはこれらが配合されているので、培養土と共に土によく混ぜ込んでおきましょう。植えた直後は十分な水やりも必要です。そして、植えてから2週間程度経過したら追肥を始めます。苗の根元では無く少し離して溝を掘り、同じ化成肥料を適量与えます。プランターを利用した育て方も同様ですが、土の量に制限があるため1回の量を少なめにして、成長の様子を確認しながら何回かに分けて与えるようにしましょう。キュウリは茎が弱いので、畑で育てている場合はある程度成長したら支柱を立てて風などで茎が折られないようにツルを巻きつけることが必要です。屋内の場合は、支柱があらかじめセットになっているプランターや鉢を利用すれば、手間がかからなくて便利です。実を付けたら最初の1、2本は5センチ程度の大きさで収穫することが大切です。これは株が弱るのを防ぐためで、収穫後には追肥することを忘れないようにして、以降は10日間隔で肥料を欠かさないようにしましょう。

お勧め夏野菜の栽培

ガーデニング

夏野菜の定番キュウリ、その育て方はそれほど難しくはありません。土と肥料と水をしっかり管理し、キュウリの葉を目当てに飛来するウリハムシをきっちり捕殺すれば、かなりの収量が期待できます。そして、栽培時期に台風シーズンが被るので、台風対策をしっかりしましょう。

もっと読む

このポイントを押さえよう

ウーマン

初心者の方がキュウリを栽培するという場合、接ぎ木の苗を選ぶと手軽に育てる事が出来ます。気温が上がるゴールデンウィーク頃に植え付けをする、ネットや支柱を立てるといった基本的なキュウリの育て方も覚えておきましょう。

もっと読む

便利な夏野菜

植物

キュウリは家庭菜園でも人気の夏野菜ですが、育て方にはポイントがあります。成長が早いので、水分と肥料は欠かさないようにするのがポイントです。水分はまとめてたっぷり、肥料はこまめに少しずつがよいでしょう。連作を避けるのも重要です。

もっと読む